スナック・ラウンジ・ガールズバー・キャバクラ・雀荘・パチンコ店・ゲームセンターの許可はお任せ!大阪市内はもちろん、大阪府下全て対応します!土日祝も受け付けている堺市の行政書士による風俗営業許可申請の専門サイトです

風俗営業許可のよくある質問

  • HOME »
  • 風俗営業許可のよくある質問
Pocket

目次

風俗営業許可についてのQ&A

 

許可を取るのにどのくらいの期間が必要ですか?

申請には諸々の書類を揃える必要があります(「風俗営業許可申請の書類作成」

管轄の警察署に申請書類を提出してから45日程度で許可が下ります

しかし、この45日の間に警察または風俗環境浄化協会による立ち入り検査を受けることとなります。この検査で不適合(書類の内容と実態が違う、許可の要件を満たしていない等)があると、日を改めて再検査となりますのでその分日数がかかります

45日は動かしようがありませんので、できるだけ早く許可が欲しい場合は迅速に書類を作成して申請することとなります

風俗営業許可を取ってから飲食店営業許可を取ることは可能ですか?

風俗営業許可の申請書類には飲食店営業許可証を添付する必要がありますので先に取得することとなります。

飲食店営業許可は、保健所に申請⇒店舗の検査⇒許可証交付までに約3週間かかります。

ただ、所轄との相談となりますが、飲食店営業許可を申請した上で「現在飲食店営業許可を申請中である」旨の誓約書を添付すれば、申請を受理してもらえる場合があります

スナックを始めるのに許可に必要な費用はどれくらいですか?

申請時に24,000円の証紙代がかかります

パチンコ店は形態によって変わります

風俗営業許可を取得すると営業は何時までできますか?

風営法では営業は午前0時までとなっていますが条例により地域によって一部例外があり、以下の地域では午前1時まで営業が可能です

大阪市北区

梅田一丁目(1番から3番まで及び11番に限る。)、角田町(1番及び5番から7番までに限る。)、神山町(2番から10番までに限る。)、小松原町、曾根崎一丁目、曾根崎二丁目、曾根崎新地一丁目、太融寺町、兎我野町、堂島一丁目、堂島浜一丁目、堂山町(1番から13番まで、16番及び17番に限る。)及び西天満六丁目の区域

大阪市中央区

心斎橋筋一丁目、心斎橋筋二丁目、千日前一丁目、千日前二丁目、宗右衛門町、道頓堀一丁目(1番から10番までに限る。)、道頓堀二丁目、難波一丁目、難波二丁目、難波三丁目、難波四丁目、難波千日前(1番から3番まで及び10番から13番までに限る。)、西心斎橋一丁目、西心斎橋二丁目、日本橋一丁目(2番、3番及び18番から20番までに限る。)、日本橋二丁目(5番に限る。)、東心斎橋一丁目及び東心斎橋二丁目の区域

ガールズバーやメイド喫茶は風俗営業許可は不要ですか?

風適法は名称によって対象か否か決まるのではなく、その営業の実態で決まります(「ガールズバー」は風俗営業許可が必要か?

「ガールズバー」としていても、お酒の提供だけで接待行為がないのであれば不要ですし、「メイド喫茶」としていてもスタッフがメイドの衣装を着ているだけで接待行為がないのであれば普通の飲食店と変わりません

「知り合いのガールズバーは特に許可を取っていなくても営業できているから自分が店を開くときにも必要ないだろう」という安直な判断が一番危ないです

  • その知り合いのお店は接待行為があるのか?⇒ガールズバーと謳っているが接待行為がないから許可がなくても営業できている
  • 自分が開くお店の営業形態はその知り合いと同じ営業形態か?⇒もし知り合いのお店に接待行為がなく、自分のお店は接待行為をすることを考えているのなら許可が必要

他者の営業を考えて判断するのではなく、ご自身の営業形態を考えて判断してください

許可を取らないまま営業をしていて摘発されるとどのような罰がありますか?

2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金の刑(併科される場合もあり)に処されます

風営法の中でも一番重い罪です

もちろん立ち入り調査は抜き打ちで行われます

警察官と分からないよう、事前の内偵もあり得ますので普段の営業から許可申請を含めてしっかりと法令を守っている必要があります

現在無許可でスナックを営業してしまっていますが風俗営業許可をきちんと取ろうと思っています。申請から許可までの間も休まず営業できますか?

営業はできません。許可が下りるまで営業を止める必要があります。申請中にも関わらず営業をしていて摘発されたケースもあります

無許可のままコソコソと営業し、挙句に摘発されて懲役や罰金を科されることを考えれば、約2か月ほど営業を止めると収入がなく厳しいかもしれませんが、しっかりと許可を取って健全に営業するべきであり、またお客様からの信頼も段違いです

既に風俗営業許可を取得している人から店を買い取りました。前の店の持ち主の許可のまま営業できますか?

風俗営業許可は引き継ぐことができません。

前経営者の廃業届と新経営者についての許可申請が必要です。

また、同時に飲食店営業許可も廃業届と、新経営者の分の新規申請も必要となります。

改築して自宅の一部をスナックにしようと思っていますが許可は取れますか?

自宅をスナックにすることには許可取得について何ら問題はありません

改装時に構造上の要件と保全対象施設・用途地域などの調査などの場所的要件を満たせば営業は可能です

ただし、住居を店舗にするので、建物の用途変更の手続きは必要になります。

スナックを経営しています。風営法では午前0時までしか営業できないとの事ですが、午前0時以降はバーとして営業したいと思っています。可能ですか?

午前0時以降にお酒を提供する営業は「深夜酒類提供飲食店」としての届出が必要です。しかしながらこの営業形態はお酒をお客様にお出しするだけの営業であり、接待行為を行うことはできません

午前0時まで接待行為をする営業⇒午前0時以降は接待行為をしない営業

となりますと、午前0時でお客様に清算して退出してもらった上で店を閉め、再度午前0時以降にバーとして開店する

という形で法律上は可能でしょうが、これでは風営法の意味合いが薄れますし、まず所轄に申請しても受け付けてもらえません

接待行為がない「深夜酒類提供飲食店」として午前0時をまたいで営業する方が現実的でしょう

スナックを始めたいのですがすぐ近くに眼科があります。風俗営業許可は取れますか?

その眼科には入院設備があり、入院患者を受け入れる体制でしょうか?また、店舗予定地から100m以内の距離にありますでしょうか?もし入院できる眼科で、100m以内にあるのであれば保全対象施設となり、その場所で風俗営業許可を取得することはできません

一方、100m以内の距離でも入院できない眼科であれば保全対象施設とはなりませんので許可を取ることはできます

照明は調光器(スライダックス)を使用できますか?

調光器は使用できません。店内の最低照度は法令で決まっていますので、その照度より低く調整できる調光器ある店舗は先ず許可が下りません

スイッチ式に変更する工事はすぐにできますので電気工事業者に依頼してください

午前0時以降も営業しているバーを経営しています。お客様を楽しませるためダーツゲームを置こうと思っていますが設置は可能でしょうか?

ダーツゲームについては風営法上以下のように解釈されています

①デジタル式で電光掲示によって点数が表示されるもの⇒ゲーム機扱い

②ダーツが刺さっても点数表示されない、昔からあるダーツ⇒ゲーム機扱いではない

したがって②を設置することは可能です。

①についてはゲーム機となりますので5号営業(ゲームセンター)の許可を取得しなければなりません

しかし、いわゆる「10%ルール」というものがあり

(ダーツ機本体の面積+スローラインから本体までの距離)

の面積が、客室面積の10%未満であれば許可を取らなくても設置できます

営業していくうちにダーツの機械を2台、3台と増やしていきがちですが、うっかりしていると客室面積の10%を超えてしまっていて無許可営業となってしまいますのでご注意ください

現在は風俗営業許可を取ってスナックを経営しています。近々、店内のカウンターを小さくして、テーブル席を増やそうと思っています。

「許可後の変更」でも述べていますが、結論から言いますと「変更承認申請」という手続きが必要です

「カウンターを小さくする」ということは、それまでのカウンターの内側、スタッフがお酒を作ったりするスペースを減らすということであり、その分、お客様が使用するスペース(客室面積)が増える、ということです

風俗営業許可申請のときに、店内を測量して客室面積を計算しています。今回は、その計算結果が変わるということになるので「変更承認申請」の対象となります

カウンターをどれだけ小さくし、客室面積がどれくらい減るのかを実際に測量して図面を作り、そのほかの書類も作って警察署の生活安全課に申請します

もちろん承認が下りるまでは営業はできませんのでご注意ください 

キャバクラの店内にVIPルームを作ろうと思っていますが法律に触れますか?

VIPルームと、VIPルーム以外の客室の面積次第です

1号営業という仮定でお話ししますと、要件のページの「構造的要件」にある通り、客室面積が16.5㎡以上必要となります

VIPルームということなので、扉と壁で仕切ることとなります

こうなると、今まで客室が1室だったのが、2室(VIPルームとそれ以外)になります

この2室とも16.5㎡以上の面積が必要、ということです

例えば、客室面積が30㎡のキャバクラがあったとします

VIPルームを17.0㎡とすると、VIPルーム以外の客室は13.0㎡となってしまい、16.5㎡未満なので許可が取れません

2室にするなら最低でも33.0㎡の客室面積が必要となります

ご不明な点はお気軽にご相談ください! TEL 072-247-5072 営業時間:9:00~24:00(土日祝も対応可能です)
メールは24時間受け付けています
携帯サイトをご覧の方は「MENU」をタップして内容をご覧ください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.