スナック・ラウンジ・ガールズバー・キャバクラ・雀荘・パチンコ店・ゲームセンターの許可はお任せ!大阪市内はもちろん、大阪府下全て対応します!土日祝も受け付けている堺市の行政書士による風俗営業許可申請の専門サイトです
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 風俗営業許可に関する情報

風俗営業許可に関する情報

従業者名簿

風俗営業許可を取得すると、その管理者は従業者名簿を作成する義務があります その営業所で勤務する従業員全員の氏名、生年月日、住所その他必要事項を記した名簿を作成し、その営業所に常備しておくことが必要です

管理者講習

風俗営業許可が下りると、管理者に指定した人は日々の営業の中で風俗営業管理者としての責務が発生します その中で、3年に1度の割合で「管理者講習」を受けることとなります 管理者講習では、管理者としての業務などを学ぶこととなり …

デジタルダーツやシミュレーションゴルフの取り扱いが変わりました

平成30年9月25日より「解釈運用基準」が変更となり、デジタル式のダーツやシミュレーションゴルフの取り扱いが変わりました 従来はこれら2つはゲーム機という取り扱いで、これらの機械の大きさの床面積が、客室面積の10%以上と …

申請してから許可が出るまでの期間

風俗営業許可が出るまでの期間ですが、大阪の場合おそよ45日かかります これは申請書がすべて整って所轄に「申請してから」45日です 所轄は申請された順から順番に処理していきますので、この日数はこちら側ではどうにも動かすこと …

風俗営業申請と飲食営業許可申請の申請者

風俗営業許可を申請する場合、ほぼ間違いなく飲食店営業許可も申請することとなります 風俗営業許可を申請する際の申請者と、飲食店営業許可の申請者は同じでなければなりません これらが違う申請者ですと名義貸しの疑義が生まれ、許可 …

新店開店の際は日数にご注意

スナック・ラウンジなど風営法上の1号営業の許可は、書類がすべて整って申請してから許可が出るまでだいたい45日程度かかります 新店オープンの場合はこの日数を考慮して申請日を決めておかなければなりません

人的欠格事由は申請者と管理者に

風俗営業許可を申請する際に重要となってくるものの一つに「人的欠格事由」があります 申請する方とお店の管理者となる方がこれに該当していると不許可処分となります 法人であれば、役員の方全員がこれに該当しないことが必要です

法人申請の場合は定款も添付します

風俗営業許可を申請する際に、申請者が法人の場合は、その法人の定款の写しを申請書類として添付する必要があります

”スナック”の照度は5ルクス以上

風俗営業の1号許可(スナックやラウンジなどの接待飲食店)は客室の明るさは5ルクス以上になるようにしなければなりません また照明のスイッチはON⇔OFF式のもので、つまみをひねって調節する調光器は使用できませんのでご注意く …

人的欠格要件

風俗営業許可の申請をする際、申請者が欠格要件に該当していると不許可となります 主に 懲役または禁錮、罰金の刑を受けたなど、いわゆる警察のご厄介になったことのある方 覚せい剤などクスリの中毒者 未成年者 風俗営業許可の取り …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.