キタ・ミナミ・堺市をはじめ大阪府下のスナック・ラウンジ・深夜のバー・ゲームセンターの許可はお任せ!土日祝も受け付けている堺市の行政書士による風俗営業許可申請の専門サイトです

Blog

VIPルームには最低面積が必要

物件探しの中でよく出会うのが、メインとなるフロア以外に壁で仕切られた小部屋のある物件 風営法では、客室が2つ以上になる場合はそれぞれの面積が16.5㎡必要です それに満たない面積の小部屋は客室として使えなくなります 繁華 …

柱などの躯体は営業所面積に入るのか?

風俗営業許可を申請する際に、お店の面積を求める求積図という図面を作成します お店の中に柱がある場合、その柱は面積には含みません 躯体(建物の構造を支える柱・壁)は面積から除くこととなります

用途地域が住宅地域の場合どうすれば良いか?

スナック・ラウンジなどの風俗営業許可を取ろうとする時に、店の場所が重要になります 都市計画法上の用途地域の中で、「住宅」と付く地域に店がある場合は、風俗営業許可を取ったりや深夜酒類提供飲食店の届出を出すことができません …

深夜酒類提供飲食店が営業できる地域

午前0時以降もお酒を提供する飲食店は「深夜酒類提供飲食店」の届出を警察署に出す必要があります 要件のひとつとして、お店の場所が用途地域の何に当たるかによって営業できるか出来ないかが決まります 詳しくはこちらの場所的要件を …

麻雀店は保健所の飲食店営業許可が必要か?

マージャン店(雀荘)は風俗営業の適用を受けますので許可を取って営業することとなります よく飲食物を提供している雀荘はありますが、これは保健所の検査(飲食店営業許可)を取得しているのでしょうか? 答えとしては 店内の厨房設 …

お店の模様替えは変更届が必要

スナックやラウンジなどの風俗営業許可店舗は、許可を取って以降、椅子やテーブルを増やしたり減らしたりした場合は、警察署に変更届を出す必要があります 単純に椅子やテーブルの増減だけなら変更届で済みますが、カウンターの形状を変 …

年少者の立ち入り制限

スナックやラウンジなどの社交飲食店は風俗営業許可をとる必要があります これらのお店は年少者の立ち入り制限があります 18歳未満はお店に入ることができません 大阪のゲームセンターは18歳未満は午後10時までとなっていますが …

営業所と客室の違い

風俗営業法には「営業所」と「客室」という言葉が存在します この違いは何なのでしょうか? 営業所とは、お店全てを指します 玄関、椅子やテーブルを置いているスペース、トイレ、クローゼットなど全てです 客室とは、その営業所の中 …

風俗営業許可の書類を作るのは簡単か?

よくお問い合わせをいただきます 「風俗営業許可の申請書類は素人でも作れますか?」 いつもお答えしていますが、何の知識もない方が作るのはほぼ不可能ということです 一番の難関はやはり店舗の図面が複数必要なところ ソファやテー …

従業者名簿

風俗営業許可を取得すると、作成・保管する書類のひとつとして「従業者名簿」というものがあります 氏名・住所・仕事の内容などを記載したもので、作成・保管は法律で義務付けられています この書類は、派遣スタッフや1日だけの就業の …

1 2 3 14 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.